中年エンジニアの開発と生活の日々

中年エンジニアがソフトウェア開発や日々の生活で得た知見の備忘録

appium-desktop を Android アプリで使ってみる

先日 appium-desktop を紹介しましたが、Android 編のリクエストがありましたので、追加して見ました。

android で appium-desktop を使う利点

android については 古い desktop 版の appium Ver.15.x でも Inspector 機能を使うには支障がなかったため、appium-desktop 必須という訳ではありません。 しかしながら、設定パラメータの与え方などは appium-desktop の方がコマンドライン版に近いため、appium-desktopの方が断然オススメです。

アプリケーションの起動からサーバーの起動まで

アプリケーションの起動からサーバーの起動までは全く iOS と同じです。

Session を起動する時の注意

iOSアプリでは事前に Simulator を起動しておく必要はありませんが、Androidアプリを動作させる時はコマンドライン版と同じように、エミュレータをあらかじめ起動しておく必要があります。 エミュレータコマンドラインからでも Android Studioから起動しても同じように動作します。

Desired Capability

Desired Capability はコマンドライン版と同じオプションを指定しておく必要があります。 - platformVersion - 起動してあるエミュレータとバージョンを合わせておかないとセッション開始時にエラーになります - deviceName - avd の名称と合わせる必要はないようですが、無いとエラーになりました - app - apkのパス。Android アプリはリリース版もエミュレータで起動できるのが嬉しいです。 - appPackage - パッケージ名 - appActivity - メインクラスの名称

{
  "platformName": "Android",
  "platformVersion": "7.0",
  "deviceName": "Nexus 5",
  "app": "/Users/muneakiosawa/MyAndroidApp/app/build/outputs/apk/app-release.apk",
  "appPackage": "com.MyApp",
  "appActivity": ".MainClass"
}

Android アプリ向けにappiumでテストスクリプトを書かないといけない方は appium-desktop を是非とも使って見ましょう。