中年エンジニアの開発と生活の日々

中年エンジニアがソフトウェア開発や日々の生活で得た知見の備忘録

ルパン帝国再誕計画

怪盗アルセーヌ・ルパンをご存知ですか?

今や、孫の方が有名になってしまった感のあるフランスの怪盗紳士ですが、いま、アバンチュリエを連載していた森田崇先生がルパン帝国再誕計画を立ち上げています。

www.re-lupin-empire.com

アバンチュリエはもともとイブニングで連載しておりましたが、掲載誌を変えつつ、ルパンの登場から年表順に奇岩城まで描き切りました。

ルパンとの出逢い

自分がルパンと出会ったのは小学校三年生のころの学級文庫ポプラ社のルパン全集でした。南洋一郎先生の翻訳で、当時はかなり分厚く感じられました。

南先生の翻訳のおかげで当時の児童文学としてはルパンは江戸川乱歩の怪盗二十面相と並んで読書少年、少女の中でダークヒーローとしての位置付けを確固たるものにしたと言えます。

ちなみに、シャーロックホームズと出会う前にルパンを読み始めてしまったので、自分の中ではシャーロックホームズはルパンのライバルという位置付けです。

さらに、余談になりますが、ルパンの原作者のルブランはシャーロックホームズの出版側からのクレームを受け、 Sherlock Holmes をそのまま使うのではなく、Herlock Sholmes として登場させています。しかし、南先生の翻訳ではわかりやすさを優先させて、そのものズバリ、シャーロックホームズとして登場させています。いい時代でした。

すみません、本題に戻ります。

南先生のルパン像の問題点

ルパンファンの間では有名な話ですが、南先生の翻訳は児童向けに出版するにあたって、キワドイ描写などをカットしたり、ページ数を削減するために少々エピソードを削るなどしています。

個人的には安心して子供に読ませられるので良いと思いますが、熱心なルパンファンからは健全すぎるルパンとして若干残念な扱いをされています。

あと、ポプラのルパン全集では年表順に書かれているわけではないため、1巻から順番に読むといきなり奇岩城から始まってしまうため、若干戸惑うような構成になっています。

アバンチュリエのルパンの魅力

アバンチュリエのあとがきで作者の森田先生が怪盗としての危ないルパンをクローズアップして、その魅力を最大限に引き出したいと書いてある通り、ルパンがかなり危険人物として書かれています。

稀代の大怪盗、しかしながら危うい側面を持つ若者としてとても魅力的にルパンが描写されています。悪者なんだけど、とても魅力的。

アバンチュリエの変遷と受難

アバンチュリエはイブニングで連載が始まりましたが、イブニングのメジャー路線の転向を機に、連載が終わります。その後、作者の森田先生が色々と尽力されて、ヒーローズで連載していましたが、奇岩城を終えて、連載が終わっています。 個人的にはとても面白いと思っているのですが、あまり商業的には盛り上がらなかったようです。

ルパン帝国再誕計画

通常であれば、もはやこれまでというところですが、森田先生は自力でルパンを続けて行く決心をされました。それがルパン帝国再誕計画です。詳しくは森田先生のツイッターや本家のサイト、ツイッターをみてください。

アバンチュリエを読もう

もはやエゴですが、自分は森田先生が描くルパンを最後まで読んでみたい。そのためにはアバンチュリエが商業的に成功するために、色々な人に読んで、お金を落としてもらいたいと思っています。

最近、発売になった著者再編集版が売れるのが一番応援になるとのこと。

古くからの古典を漫画化した作品はいくつもありますが、その中でも完成度が高いものは横山先生の「三国志」や大和先生の「あさきゆめみし」などがあります。アバンチュリエをこれらの作品と並べるのはおこがましいかもしれませんが、森田先生が今のスタンスでルパンを描ききったら、歴史に残る作品になると確信しています。

みんな、アバンチュリエを読んでください!

グレーチング、それは自転車乗りへの刺客

新年早々、自転車で転倒しました。

サイクリングの途中に派手に落車したわけではなく、薬局への買い物の帰りに低速でこけただけです。肘と膝をすりむきました。不幸中の幸いにスマフォをホルダーに装着していなかったので、ハンドルのグリップが傷ついたくらいで金銭的な被害はほとんどありません。

犯人の写真です。 f:id:munacky:20180109190250j:plain

グレーチングといっても普段よく見かけるやつではなく、サイドに鉄板の覆いがあって、ボルトで固定されているものです。 最近、我が家の周りではこのタイプのグレーチングが増えています。背景には盗難防止のため、このようにがっちりと固定されているものが用いられているようです。

段差部分を拡大すると、凶悪さは自転車乗りの方にはお分かりいただけるかと思います。この段差に前輪をとられて、そのまま、横向きに転倒しました。

f:id:munacky:20180109190315j:plain

ここは駐車場との境目になっているため、アスファルトが陥没しやすくなっているのと、車の通行があるため、金属部分の覆いがツルツルになっていて、濡れてもいないのによく滑りました。

27.5 プラスの太いタイヤのマウンテンバイクだったので、油断していました。立て直すこともできず、あっけなく滑りました。

今年は特に安全運転で自転車を楽しみたいと思います。

まとめ

  • 盗難防止用のグレーチングが自転車にとって思わぬ脅威に
  • 太いタイヤの自転車といえ、グレーチングをまたぐときは細心の注意を

スマホ全盛の時代にあえて目覚まし時計を買った話

目覚まし時計が壊れました。アラームのスイッチが物理的に壊れたようで、スイッチを入れてもアラーム音が出なくなりました。置き時計ならともかく、目覚ましとしては致命的です。

もう、スマートフォンを使えばいいんじゃないかというツッコミを覚悟しつつ、今までの習慣を変えられないおじさんの性(さが)で新しい目覚まし時計を買いました。

f:id:munacky:20180108082850j:plain

購入したのは壊れたのと同じ、カシオのDQD-805J で、ヨドバシカメラで1270円でした。安い!

せっかくなので、言い訳がましくも、専用機の目覚まし時計ならではのメリットを分析すると

  • 時刻を変えずにスイッチを入れるだけなら、時計を見ずに操作できる。
  • スマホと電源が別なので、スマホのバッテリー残量を気にしなくてすむ。

この辺りに集約するんじゃないでしょうか?

物を増やしたくない人は多いかもしれませんが、自分にとってはこのメリットだけでも千二百円の価値があります。

なお、アラームの壊れた目覚まし時計は洗面所で置き時計としての余生を過ごすことになりました。

使い捨てコンタクトレンズで処方箋の有効期限がなくなった話

アイスホッケーをやるのに、使い捨てのコンタクトレンズを愛用しています。

毎日装着するわけではなく、多くて週に2組みしか使いません。そのため、3ヶ月分購入しても、だいたい1年くらい持つので、処方箋の有効期限が過ぎてしまいます。コンタクトレンズを購入するときは毎回コンタクトレンズ検査を受けるのが常でした。

それが、今回からは「処方箋の有効期限はなくなったので、次回以降は同じ処方箋を使ってください。次回以降はコンタクト検査不要です。」と言われました。

どうも医療費削減の余波がここまできているようです。コンタクトレンズ検査はだいたい400円の自己負担なので、お医者さんからしても美味しくないのだろうなぁと邪推してしまいます。

世の中には処方箋不要のコンタクトショップもあるので、すでにコンタクトレンズの処方箋の仕組み自体、社会からは不要なものと認知されつつあるようです。

まあ、コンタクトレンズを買うのに昔は処方箋が必要だったんだよといつか昔話になるのでしょう。便利になるのは良いことです。

 

ロードバイク 本音のホイール論 (洋泉社)

近所の本屋で手にとって見つけた本が面白かったので、少し紹介です。

ロードバイク 本音のホイール論

アマゾンのレビューでは微妙な評価で、読む人を選びます。自分はハマりました。

この本はサイクルジャーナリストの吉本さんと元シマノの開発者田中さんの共著になっています。全部で5章立てになっており、1章と5章が吉本さん、3章〜5章が田中さんの執筆になります。

人によって異なるかもしれませんが、自分のこの本の見所は3章から5章の田中さんの記事です。ホイールの開発者がどのようなことを意識してどのようにホイールを設計しているのかを詳しく解説しています。田中さんの記事は技術者らしく、事実と自分の意見をはっきりと分けて記事にしており、エビデンスのないことについてはわからないときっちり書かれていて、とても読みやすく書かれています。

ホイールを構成するハブ、スポーク、リムの役割と現在、主流になっている技術の課題や分析などをホイールの製造工程を絡めつつまとめた本は今までありませんでした。(まあ、需要がなかったということはあるかも…)

自転車、特にロードバイクにとってお金のかけどころではあるのですが、一度買ってしまうとなかなか金額的に買い替えができないパーツであります。

いくつか目から鱗が落ちたトピックを紹介します。

  • 金銭事情がゆるせば、アルミを選ぶ理由はない
  • カーボンホイールの体重制限は強度の問題よりブレーキングの熱が原因
  • ベアリングのグレードは走りに影響しない
  • アルミスポークの意味はない

サイクルジャーナリストの吉本さんの記事はホイールの歴史と今後の技術の方向性がまとまっていて、一読の価値があります。

ただ、惜しむらくはせっかく二人の共著なのに二人の絡みが全然なく、二人の記事のギャップが感じられることです。どこかの章の間にこの二人の対談などが入っていたらもっとステキな本になってたと思います。

1800円とお高めですが、ロードバイクの機材に興味が向く人は新しい発見がたくさん見つかる一冊です。

「々」って、漢字?

事の始まり

息子の宿題を見ていると、たまに新しい気づきがあります。今回はその紹介の話です。

音読の宿題(教科書の決まった物語を朗読するのです)で、「人々」という単語が出てきまして、息子は読み方がわからないらしく、聞いてきます。

  • 私「これは、ひとびとって読むんだよ〜」
  • 子「え〜、じゃあ「びと」って読むの?」
  • 私「いや、そうじゃなくて、前の文字を繰り返して読むのよ〜」
  • 子「それじゃあ、「ひとひと」じゃない?」
  • 私「ひとひとだと読みづらいから「ひとびと」って読むんだよ」
  • 子「それはわかったけど、々って漢字なの?」

むむ、そういえば、「々」が漢字かどうか気にしたことがなかったなぁ。

 

「々」の正体

困ったときは Wikipedia と言うことで調べたところ、「々」は漢字ではなく「踊り字」という記号でした。

  - 踊り字 - Wikipedia

踊り字、躍り字(おどりじ)は、主に日本語の表記で使用される約物(特殊記号)の一群で、々、ヽ、ゝなどがある。おどり、繰り返し符号(くりかえしふごう)、重ね字(かさねじ)、送り字(おくりじ)、揺すり字(ゆすりじ)、重字(じゅうじ)、重点(じゅうてん)、畳字(じょうじ)などとも呼ぶ。

つまり「々」は特殊記号であって漢字ではありませんでした。

 

さらなる疑問

息子の素朴な疑問は続きます。

  • 子「えー、人人って書いた方が画数が少なくて楽じゃない?」
  • 私「まあ、数々とかだと、画数が少なくなるよ〜。人々も同じように書いておくと読みやすいからじゃない?」

という回答で一応納得していただきました。ほんとうかなぁ?

まとめ

  •  「々」は漢字ではなく踊り字という記号
  • 子供の宿題は意外と新しい気づきが眠っている

CI 環境で Android の sdkmanager が動かなくなった話

業務で Circle CI をしようして CI を行っていますが、今日あたりから、iOS 上で Android の sdkmanager が動かなくなったので、備忘録的にメモ。 Circle CI で iOS を使用して Android もビルドしている人の参考になるとうれしいです。(そんな人がどんだけ居るよ? って話はおいておこう…)

何が起きたか

  1. Circle CI の Fail 通知で調べてみると brew cask を使用した android-sdk のセットアップでエラーになっている。
==> Satisfying dependencies
==> Downloading https://dl.google.com/android/repository/sdk-tools-darwin-385939

######################################################################## 100.0%
==> Verifying checksum for Cask android-sdk
==> Installing Cask android-sdk
==> Warning: File /Users/distiller/.android/repositories.cfg could not be loaded
==> Purging files for version 3859397,26.0.2 of Cask android-sdk
Error: Command failed to execute!

==> Failed command:
/usr/local/Caskroom/android-sdk/3859397,26.0.2/tools/bin/sdkmanager tools platform-tools build-tools;26.0.2

==> Standard Output of failed command:
License android-sdk-license:
---------------------------------------
  1. Cask 周りで何か失敗している模様なので、しばし状況を観察
  2. Cask 周りで修正が入って、 brew cask install android sdk は動くけど、その後の sdkmanager を使用して環境を構築するところでタイムアウト。 ログを見る限り、セットアップ後の最初の起動で sdkmanager のライセンス規約の同意プロンプトが出てきて先に進めない模様。
14.7 The License Agreement, and your relationship with Google under the License Agreement, shall be governed by the laws of the State of California without regard to its conflict of laws provisions. You and Google agree to submit to the exclusive jurisdiction of the courts located within the county of Santa Clara, California to resolve any legal matter arising from the License Agreement. Notwithstanding this, you agree that Google shall still be allowed to apply for injunctive remedies (or an equivalent type of urgent legal relief) in any jurisdiction.


November 20, 2015
---------------------------------------
Accept? (y/N): 

対応策

sdkmanager を使用して環境を構築する前にライセンス規約にあらかじめ同意しておくことによって、環境構築時にプロンプトがでないようにする。 ライセンス規約に同意するためには --licenses スイッチを使用して sdkmanager を起動する。そして、y と回答し続けるため、yes コマンドを使用する

sdkmanager をセットアップ直後に以下のコマンドを実行することにより、ライセンス規約に同意するようにできる。

yes | sdkmanager --licenses

まとめ

  • コマンドライン版 sdkmanager をアップデートしたら最初の実行時にライセンス規約の同意プロンプトがでるようになった。
  • yes コマンドと sdkmanager --licenses を組み合わせて、セットアップ前に規約に同意するコマンドを実行する必要がある。